Tokyo.com – Leaderboard

日本の武道の歴史

歴史を通して、戦いの武器は絶えず進化してきました。一部の国はテクノロジー(技術)の革新を選択し、また別の国では、日本のようにテクニック(技法)を通して革新を進めました。スキルだけでなく、武器や人間の動きを習得することに焦点を当てることで、武道は美しく、芸術の域にまで達しています。

 

日本の武術の勃興は、中世や近世において武士の役割と重要性に関連しています。

 

中世の大部分において、日本は天皇に任命された、将軍により統治されていました。将軍の下には大名、武士の下には農民、職人、商人という階級制度がありました。

 

武士は武器と白兵戦の両方に精通した、さまざまな戦闘技術のエキスパートとして期待されました。技を確立するために何年も鍛錬を積み重ねます。例えば弓道では、袴や胴衣の着方から跪坐の仕方、実際の弓構えの仕方までルールが多数存在します。

 

また、武士が『武士道』を学んで理解することは、敵に正確な一撃を与えるのと同じくらい重要でした。

武士道は『武術』や『武芸』の精神に影響を与えた根本的な思想となっています。どちらも、 『武道』と共に広く使われている言葉です。『武道』はかつて精神的、肉体的、道徳的に武士として守るべき生活様式のことを指していましたが、現在では一般的に総合的な武技の意味として使用されています。

 

宗教も、神道と深いつながりを持つ相撲などの武術を形成する上で重要な役割を果たしました。今日でも力士が土俵に上がる際、神聖な場所を清めるという意味で塩をまく風習が残っています。神明造りの屋根は、神社の建築様式を採用しています。

 

競技的なスポーツになるまで、相撲は神を喜ばせ、豊作を祈願するための行事でした。本来の目的は競技精神の下に廃れてしまいましたが、相撲の背景にある伝統の多くはそのままの形で残っています。力士はしめ綱を巻いて髷を結い、指定された相撲部屋に住み込み、厳格な行動規範に従わなければなりません。

 

武術は武士や宗教のみから生まれたのではありません。空手は沖縄で武器を持たない農民の間で発展したと言い伝えられています。

 

武道について一般的に採用されている区分は、古武道か現代武道かということで、後者は狭義には明治維新の後に古武道から発展したものを指します。

 

両者の区別については簡単には定義できず、今なお議論が続いています。一つの考え方として、古武術は戦闘での使用を目的とし、現代武道は技の稽古を通じて人格の完成を目指すことに重きを置いています。

 

多くの武道が当てはまりますが、古武術の例には相撲、柔術、刀や薙刀を使用する武道が挙げられます。現代武道の例としては、柔道、剣道、居合道、合気道、弓道などがあります。

上記の現代武道の例は、すべて『道』が付いています。空手のような他の現代武道には除きますが、『道』で終わる武術は現代武道と考えてよいでしょう。

 

武道の種類は数えきれないほどありますが、ほとんどが剛法と柔法の両方を兼ね備えています。剛法は、蹴りや突きなどの直接攻撃を行ったり、受けた攻撃を利用して反撃したりすることを指します。一方、柔法は攻撃を回避するなど、相手の動きを制する技に特化しています。剛と柔の武拳は、中国の陰陽の思想を反映したもので、すべての武道が独自の方法で剛法と柔法を取り入れています。一方はもう一方を欠くと威力を失うため、両方を教えに組み込まなければならないのです。

あなたへのおすすめ

×