Russia.com – Leaderboard

日本の民芸品

日本すべての町や村は少なくとも1つ、伝統的な特徴を有してます。それらは日本で有名なキャラクターの発祥地であったり、日本全土で最高の味噌を作っていたり、どのような特徴であろうとも、ローカルカルチャーはそこに住む人々に常に影響を与える一面を持っています。

 

近代、大量生産の時代を生き延びてきた古くからの技術、工芸は、名声を得ています。 さらに、これらの多様な工芸品は、高い信頼性と品質を誇っています。まず最初に、全ての旅行者に知ってもらいたい幾つかの工芸品が有名な場所をご紹介します。熟練した工芸家たちを訪ねてみましょう。

 

井波は、金沢市から車ですぐ、北陸地方の小さな木彫りの町です。ここの店では、おもちゃ、飾り物や彫像などを手作りし、販売しています。

 

すべての店先には、美しく鮮明な木製のパネルが彫られています。また、町には12の木製バス停があり、それぞれにユニークなデザインが施されています。ワークショップに参加すると、その630年にわたり継承されてきた伝統工芸を見ることができます。地元の人々は、そのユニークで、長い歴史と職人としての誇り高き人生について、喜んで話してくれます。

 

愛知県・常滑の職人達は、12世紀以来、日本一の陶器を作り続けています。今日では、風鈴、香炉、素焼急須などを生産していることでも有名です。観光客は、陶磁器がであふれる街を散策でき、煙突や古くからある窯を見ることができるでしょう。

 

和紙とは日本の伝統的な紙で、地上の木のパルプ、一般的には桑の木から丹念に作られます。和紙の主要生産地の一つは、埼玉県の東秩父の小さな村です。

 

村の人口は3000人と小さい村ですが、毎年この伝統的な紙の生産方法を見に多くの観光客が訪れます。そこで人気のある テーマパーク・和紙の里では、自分の手で和紙を作ることができます。巨大な竹縁の篩に和紙の素であるねばねばしたものを流し、ゆっくりと乾燥させ層を作り、それが和紙となります。何世紀も変わらずに残っている技術を学べる面白い体験になります。

 

日本の工芸品を語る上で、5世紀から定着している暑さをしのぐ「扇子」は欠かせません。もともとの形は長方形であり、宗教儀式や王室のためのみに利用されてきました。それから数世紀をかけて、より丸みを帯びた形に変わってきたのです。

 

最も評価の高いうちわの一つには、小丸屋住井の深草うちわが挙げられます。住井啓子氏はビジネスウーマンでもあり、うちわ作成を担っていた侍一族の直系に当たる、扇子専門家です。何世紀もの間、この一族の子孫たちは京都の深草地区からうちわ作りの伝統を継承してきました。

 

 

19世紀後半の明治維新時代、うちわなどの日本の伝統工芸品の人気は大きく低下してしまいましたが、職人たちは引き続きハイエンドな扇子を作り続けてきました。これらの美しい扇子のような伝統工芸品は近代化や西洋文化の影響を受けず、依然として変わらぬ姿のまま作り続けられており、わずか2500円(約25米ドル)で購入することができるのです。

 

どのような工芸品であれ、それを専門とする地域が日本のどこかにあることは確かでしょう。少し調べるだけで、日本文化の多様性や技術の変化を知ることができます。

あなたへのおすすめ

×