Tokyo.com – Leaderboard

熱田神宮

熱田神宮 – 三種の神器の一つ草薙剣を祀る神社

熱田神宮の歴史はあまりに古く、建立された明確な年の記述が残されていません。第12代景行天皇(71~130年)の時代に創建されたと考えられており、伊勢神宮に次いで権威ある神社として栄えることになりました。

1871年の近代社格制度の制定により、終戦後に廃止されるまで、熱田神宮は官幣大社に列格されており、権威ある神社とみなされていました。

主祭神は熱田大神で、三種の神器の一つ草薙神剣を神体とする天照大神を指しています。宝物館には、国宝や重要文化財に指定されている剣、短剣、能面などが所蔵されています。

年間最大900万人が参拝し、境内では70以上の祭典や神事が開催されているので、祭りの一場面に遭遇できるかもしれません。詳細については、熱田神社のホームページをご覧ください。

詳細

  • 年中無休
  • 052-671-4151
  • 〒456-8585 愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1−1
  • 神宮前駅より徒歩3分 名古屋駅より: 名鉄線神宮前駅まで乗車(5分)

あなたへのおすすめ

×